[BLCD] Name Of Love
ネーム・オブ・ラブ

user posted image

Manga/Novel: Manga
Mangaka/Author Name: 宮本佳野 – Miyamoto Kano
Company: サイバーフェイズ – Cyberphase
Release Date: 2008/09/10

Summary: After a reunion among old high school friends, Kouhei escorts a drunken Tetsu home. This act of kindness turns into a different kind of encounter altogether–and now the two of them must confront both their individual and shared pasts. (from Mangaupdates)

沢村康平は、幼なじみのテツと一年 ぶりに再会した。中学・高校と一緒に過ごしたテツは、ちょっと浮世離れしているというか、社会性に欠けていて…。高校の ときに事故で両親を亡くして以来、彼には身寄りも頼る場所もない。そんなテツが昔から心配だった。そして、康平は、テツに恋している。―――もう10年に なる。再会の夜。酔いつぶれてアパートまで送ってくれた康平に、「欲しいもん、持ってってよ、何でも――」と申し訳なさそうに言うテツに、康平は気持ちが 抑えられなくなり、とうとうテツを抱いてしまう――。翌朝、康平は今まで隠してきた想いをテツに告白する。テツは非難するでも拒絶するでもなく、その気持 ちを受け入れるでもなく、ただ黙って、その告白を聞いていた。そしてヒドイ暮らしぶりを心配し一緒に暮らそうと誘ってくれるやさしい康平に、テツは「家賃 代わりに抱いてもいいよ」と。同じ気持ちは返せなくても、康平に嫌われたくない――。身寄りのない自分にとって、長年の親友である康平は大切な存在だか ら……。だが、そこへ康平の元カレのミドリが転がり込んできたことからテツの気持ちに徐々に変化が現われて……。

Comment: Kano displays her abilities best in her creation of realistic characters that dont always make the right choice. her stories rarely follow the typical boy meets boy and then its love followed by smex. they struggle to understand each other and make sometimes horrible mistakes in judgment. they have flaws and realistic insecurities. with Name of Love being her first Drama CD, i’m hoping to see more from her in the future (from poptart)

Cast:
沢村康平: Ono Daisuke 小野大輔
篠原 哲: Suzuki Tatsuhisa 鈴木達央
坂本 翠: Kaji Yuuki 梶 裕貴

Pairing
1. 小野大輔 x 鈴木達央
Ono Daisuke x Suzuki Tatsuhisa